スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の回転が遅いときにうまく話す方法




人間の脳は、コンディションによって
働くスピートが大きく変わってしまう。

例えば、朝起きてすぐには
頭がぼんやりして素っ頓狂なことを口にしたりする。

また、一日の労働で疲れた夜には
なかなか考えがまとまらなかったりする。


しかし、そんなときにも
人と話をしてコミュニケーションを
とらなければいけないことは多々ある。

今回はそんな、頭の回転が悪くなっているときにも
円滑に話ができるようにする方法を紹介する。


【方法】
方法は、いくつか考えられる。
下記に箇条書きしたものを組み合わせて、効果的に
利用していただきたい。

・頭の回転にあわせ、しゃべる速度を遅くする。
 →言葉を間延びさせると、頭が悪い印象を与えるので、
  文節ごとに丁寧に区切ることが望ましい。
 例: × こーれーをーあーつーにゅーすーるーと。
    ○ これをー・・・・圧入・・・・すると。

・相手の言葉を一度繰り返す。
 →あまりしつこくない程度に行うとよい。
  お笑い芸人もよく使う方法なので、意識してテレビを観て研究するとよい。

・あいづちを打つ
 →抑揚をつけることにより、あまり話を聞いていなくても
  聞いているように見える。

【参考】
大切なのは、自分の頭の回転が遅いことに意識的になることである。
早くしようという努力もよいが、
会話の中のコンマ何秒を競ってもしょうがないと考え、
スピードを落として質を高めることも大切である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。