恥ずかしいものを堂々と買う方法 (その2)




人それぞれ羞恥心を持っている。
ある人はどうどうと「小林恵美 写真集」を買えるかもしれないが
ある人は一世一代の大行事に思えるかもしれない。

そんな個人個人が思い描く「恥ずかしいもの」を
恥ずかしい思いをせずに買うことができる方法がある。

レジで、「領収書ください」とだけ言えばよい。

その一言により、これを必要としているのは自分ではなく
会社なんですということを店員にアピールできるのだ。

そして家に帰り、自分自身への納品物として
包装をやぶくとよいだろう。

うん、こりゃあ使える。

堂々と買えるぞ!

店員さんかわいそうだけど
FC2ノウハウにも掲載されています
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
53位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook