大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)を見分ける方法





ワープロソフトなどで文書を作成していて、
大文字のI(アイ)なのか小文字のl(エル)なのか
わからなくなってしまった経験がある方も
多いのではないだろうか?

今回は、そんな方のために、
カンタンに見分ける方法を紹介する。


【方法】

ゴシック系のフォントだと、
見分けることが大変困難である。

ワープロソフト上でわからなくなってしまった場合には、
文字フォントを一度「Verdana」や「Tahoma」などに
変えてみよう。小文字のエルならばただの棒に、
大文字のアイならば上と下に短い横棒が付くはずである。

これにより、大文字のアイと小文字のエルを
見分けることができる。

また、ウェブブラウザやメモ帳などに
アイなのかエルなのかわからない文字を貼り付けても
同じように見分けることができる。

これで、世の中の似て非なるものを
見破って頂きたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
52位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook