スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣った魚をよりおいしく食べる方法




釣った魚をその場でさばいて食す。

これが一番と思いがちだが実は違う。

死んだ直後の魚は歯ごたえこそあるものの、
うまみ成分に乏しい。

うまみ成分はイノシン酸と呼ばれるものだ。

魚の種類にもよるが、青身魚は数時間だが、
白身魚はハマチで12時間、マダイやヒラメで12時間~24時間で
ピークに達するらしい。

だからすぐ食べずにそのくらいの時間を狙おう。

意外にスーパーで買う頃が一番うまかったりするというから驚きである。
このことがわかってから、生簀からそのまま調理しない活魚料理屋が
増えたということである。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。