スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人情報入力がいるWebサイトでセキュリティの高さを確認する方法




インターネットのwebサイトで、
買い物や会員登録のために個人情報
クレジットカードの番号を入力するのは、
今や日常的になっているのではないだろうか。

しかし、そんなときに心配なのが
そのサイト安全性である。

サイトの運営先が流出させてしまったり、
企業を狙ったハッカーの攻撃にあったり…
というのはほとんどどうしようもないが、
今回はwebサイトで情報を入力する際の
セキュリティ、安全性を確認する方法を2紹介する。


方法
個人情報クレジットカードの番号を入力する画面に
なったら、その画面のURLを見てみよう。

普通のサイトの場合は、"http://…"となっている
はずだが、それが"https://…"となっていたら、
プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号などを安全にやり取りするために暗号化の機能があることが確認できる。
まずは、入力画面のURLにはhttpのあとにsがついていることをちゃんと確認しよう。




FC2ノウハウ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

・ちょっと趣旨に反するかもしれませんが、気になったのでコメントさせてください。

※誤認識の上でしたら大変申し訳ございません。

細かいですが、httpsである必要があるのは、「入力画面」ではなく「入力を送信する先」です。
(まあ、通常入力画面もhttpsにするでしょうから、入力画面がhttpなのは若干セキュリティ意識低めのサイトだと考えられるかもしれませんが。)

Re: No title

コメントありがとうございます。
nakaさんが補足されてるご通り、入力画面ですでにsがついていれば安心と判断してよいという認識です。

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
51位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。