スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Excel】セルの値の変化を見てあるセルに値を入力する方法




以前紹介した、
作成書類の最終更新日の更新忘れを防ぐ方法
http://houhouzensho.blog110.fc2.com/blog-entry-474.html
は、各行の最終更新日の最大値を監視することで、ファイル自体の最終更新日を自動更新するものであった。
今回は、各行の最終更新日も自動化する方法である。

参考
meisya

例えば参考画像の「頻度」の列を変更したら、同じ行の隣の列に変更した日付を付与するものである。

【方法】
該当するSheetのマクロに以下をコピペし、数値を調整しよう。


Option Explicit
Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)

If Target.Row = 3 Or Target.Row >= 1000 Then Exit Sub
If Target.Column <> 10 Then Exit Sub
Target.Offset(0, 1).Value = Date

End Sub

【補足】
Target.Rowは、変更を監視する行の範囲を指定する。
この場合3行目から1000行目を指定している。

Target.Columnは10列目を指定している。

Target.Offset(0,1).Valueでは、変化を監視しているセルから見て、
値を入力するセルを指定している。
この例では、1つ右のセルを指定している。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
51位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。