USBメモリーへの書き込みが禁止されているPCでUSBメモリー内のデータを消す方法





今回は、上記のタイトルを見てピンと来た方に読んでいただきたい。

会社などで、セキュリティの設定上、
USBメモリーへの書き込みが禁止されているPCを
使っている人も多いのではないだろうか?

当然、書き込みが禁止されているので
データを外に持ち出すことができないのはしょうがないのだが、
USBに入っているデータを消去することも
できないため、大変わずらわしい。

しかし、実はUSBメモリーへのデータの書き込みが
禁止されているPCからでも、データを消すことは可能なので、
今回はどのように実施するかを紹介する。


【方法】
データを消したいUSBメモリーを右クリックして、
「フォーマット」を選択しよう。


書き込みが禁止されていても、
フォーマットはできるので、
結果的にデータを消去できるのである。


ただし、当然一部のデータだけ残すことはできないので
注意が必要である。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook