スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車で座る確率を上げる方法




疲れて仕事から電車で帰るときなど、
ぜひとも座席に座りたいものだが、
混雑時はなかなか座れないものである。

しかし、そんなとき、諦めてはいけない。

今回は、電車で座れる確率を上げる方法を紹介する。


【方法】

①「優先席」表示のある場所には並ばない
駅で並ぶとき、ホームに
「優先席」と書かれているのを見たことがないだろうか?

優先席はほとんどの場合、
列車の連結部分近くにあるので、
その入口から入ると、アプローチできる座席の
絶対数が少なくなってしまうのだ。


②立って待つときは、座席の近くいる
電車に乗ったときに座れなくても、
ドアの近くではなく、できるだけ座席の近くに
いるようにしよう。

いつ何時、座っている人が下車するかわからない。
そうした場合に座席にアプローチをかけやすい
ポジションで狙うのである。


③人間観察をして、すぐに降りそうな人を見極める
座っている人をよくよく観察してみると、
いつ電車から降りそうな人なのか、わかることがある。

制服や持っている教科書から、学校が特定できれば降りる駅も想像できるし、
終電まで寝る気マンマンはすぐにわかる。

また、いつも同じ時間に同じ車両に乗っていて、降りる駅が決まっている人も
よく見かけるはずである。

そういった固定客を見つけたら。
真っ先にその人の前に立って、降りたときに
その席に座れるようにするといいだろう。


このように、想像力を働かせてじっくり観察すれば、
すぐに降りそうか、そうでないのか見えてくることもあるはずである。



立って乗っても座って乗っても同じ値段ならば、
本方法を使って快適に電車に乗っていただきたい。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。