クライアントから難しい注文を受けたときに恩を売る方法




ビジネスの現場で、クライアントから無茶な注文を受けて
困った経験
のあるビジネスマンも多いかと思う。

そんなとき、お客様になかなか断りを入れることは
難しいので、結局は無理をなんとか聞かなければいけないことは多々ある。

そこで注意しなければいけないのは、
いつも難しい注文を引き受けていて、それが当たり前になってしまうこと。


そんなことにならないように、
引き受ける前には、必ずこの一言を言っておこう。

「難しい注文ですが、今回だけはなんとかしてみます…」

良いサービスを提供していても、
それが普通の事だとクライアントに思われては
交渉もなかなかうまく進まない。

こちらがリスクを負って無理を聞くときは、
クライアントに少しでも恩を感じてもらい、
喜んでもらえるように演出することを心がけよう。


世知辛い世の中ではあるが、がんばって仕事をしていただきたい。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
54位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook