スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライアントから無理な注文を受けたときにやんわり否定する方法





ビジネスの現場で、クライアントから無理な注文を受けて
困った経験のあるビジネスマンも多いかと思う。

そんなとき、はっきりと否定して断わってしまいたいところだが
「できません」「やれません」などの
否定語を使ってしまうと、相手を不機嫌にさせてしまうだけでなく、
建設的な議論ができなくなってしまう。


そんなときは、上記のような
否定するような言葉を避け、やんわりと無理なことを伝える
ように心がけよう。

たとえば、
「それは別途いくらか費用が発生いたします」
「少々お時間をいただくことになります」

というように、条件は厳しくなるが
できなくはないように話を進めるのである。

クライアントはそれを受けて、
費用や時間がかかるならばやれないな・・・
とあきらめてくれるかもしれない。
また、それでもあきらめないかもしれないが、
費用や時間を増やすことを考えるなど、交渉は少し有利に進むはずである。

条件を何かしら変更すれば、「できない」ということは
なかなかないはずだ。

世知辛い世の中ではあるが、負けずに仕事をしていただきたい。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
65位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。