スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ旅行のセキュリティチェックで鍵を壊されない方法




常識かもしれないが再確認。

アメリカの法律では、空港に預けた荷物を職員が任意に開封してチェックする権利をもっている。
もし鍵などで施錠されていても、それを破壊してチェックすることができるのだ!

そのようなことがないようにTSAロックという仕組みが作られた。
要は職員が合いカギを持っている鍵である。
そのため、解錠→セキュリティチェック→施錠できるので破壊しなくて済むのである。

アメリカだけでなく、ハワイ、グアム、アラスカ、サイパンも要注意である。

そのような国へ行く際には、TSAロックつきのバッグを選ぼう。

TSA付きハードキャリーケースの例

プロテカ スーツケース フラクティ ProtecA FLUCTY 2601 (新番号 02141) エース 1泊~3泊 【48cm 31L】 機内持込みサイズ 日本製 【代引&送料無料】【軽量】 10P12Sep14

価格:33,480円
(2014/9/13 23:45時点)
感想(93件)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

方法大師

Author:方法大師
方法は文化であり、宝である。
人は皆、方法によって生かされているのである。

QRコード
QR
FC2カウンター
ブログ検索
カテゴリー
最近の記事
人気記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

フリーエリア

ギフト
  1. 無料アクセス解析
アクセスアップは相互リンクで 情報発信サイト Zoozle.JP ページビューランキング ページビューランキング 相互リンクアクセス+ ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)
アクセスアップのお助けサイト「ホームページのアクセスアップ(うぇぶさいとうっぷす)」
宣伝用ホームページ登録WEB

RSSフィード
リンク
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。